古くてダサいのでは…?ママ振、姉振の脱地味アイデア3つ。

成人式にかかる費用を抑えられる、振袖をとおして家族の絆を感じられるなどの理由から、お母様が着ていた「ママ振」やお姉様が着ていた「姉振」が人気を集めています。 しかし、自宅で試着してみると「古臭い」「ダサい」「地味」という印象にな...続きを読む

ママ必見!何を、いつから、どう進めればいいの?七五三の準備と流れについて。

お子様の健やかな成長を祈願する七五三は3歳、5歳(数え年で行う場合は2歳、4歳)のお子様が主役になるイベントです。 この年代のお子様は体力がなく、ぐずったり機嫌が悪くなったりしやすいため、その日の思い出を「よいもの」として残すに...続きを読む

何を、いつから、どう進めればいいの?成人式の準備と流れについて。

成人式にスーツで参加する場合、特別な用意はほとんど必要ありませんが、振袖で参加する場合は振袖を用意したり、着付けやヘアメイクの準備をしたりする必要があります。 しかし、成人式ギリギリになって準備を始めると、好みの振袖が見つからな...続きを読む

決める前に要チェック!振袖の柄にはどんな種類がありますか?

振袖を始めとした和服には、さまざまな意味が込められた柄が存在しています。 見た目の好みで柄を選ぶのもよいですが、柄に込められた意味に注目して、より「めでたい振袖」を選んでみてはいかがでしょうか。 振袖の柄の種類 祝いの席に最...続きを読む

成人式の振袖を半襟でよりお洒落に。半襟の役割と選び方。

振袖選びは着物と帯を選ぶだけでよいと考える方も多いかもしれませんが、実は着物のおしゃれさを決めるのは「帯揚げ」「半襟」「帯締め」「伊達衿(重ね襟)」といった小物の使い方だといわれています。 なかでも、顔にもっとも近い位置にある半...続きを読む

前撮りだけではない。今どきは後撮りもあるよ~。成人式後撮りのメリット4つ。

成人式の写真といえば、式当日の前に写真撮影を行う「前撮り」が一般的ですが、最近は成人式の後に撮影する「後撮り」の人気も高まっています。 写真の前撮りはヘアスタイルや着付けのリハーサルになるといったメリットがありますが、後撮りには...続きを読む

振袖にも種類がある?!「大振袖」「中振袖」「小振袖」と着用シーンについて。

「振袖」というと、一般的な着物よりも袖が長い、未婚女性が身につける正装のことを指しますが、実は「大振袖」「中振袖」「小振袖」の3種類が存在します。 どのような違いがあり、どのような場面で着用すればよいのでしょうか。 振袖の種類...続きを読む

七五三も前撮りできるの?七五三前撮りのメリット5つ。

お子様の健やかな成長を祝いう七五三では、神社のお参りや祈祷だけではなく、晴れ着姿を写真に残しておきたいというご家族も多いでしょう。 七五三の写真撮影は、お参り当日に撮影を行う「当日撮り」と、お参りとは別の日に撮影を行う「前撮り」...続きを読む

マタニティーフォトを撮影する前にチェックしておきたいこと4つ。

有名人のSNSなどから人気に火が付いたマタニティーフォトは、妊娠中にしか撮ることができない特別な記念写真です。 話題になり始めた当初、撮影できるスタジオはあまり多くありませんでしたが、近年は人気の高まりとともにマタニティーフォト...続きを読む

「写真だけの成人式」。こんな方にオススメ。

自治体などが主催する成人式は、必ず参加しなくてはならないというものではないため、近年は「式には行かない」という方も増えているようです。 しかし、式に参加しないと振袖を着る機会がなくなってしまいますよね。 こんなときは、フォトス...続きを読む