一覧に戻る

女性なのに袴?女性が卒業式に袴を着るのはなぜですか?

大学の卒業式ではスーツを着る人もいますが振袖に袴という和装スタイルも人気があります。

しかし、袴というと「七五三」では男の子が身につける衣装であるほか、時代劇などでも男性の衣装として扱われています。

なぜ、女性が卒業式で袴を着るようになったのでしょうか。

袴の歴史と女性が卒業式に袴を着る理由

江戸時代までの「袴」

袴の歴史は古く、古墳時代から「はかま」と呼ばれる衣装が存在していました。

ただし、古墳時代の「はかま」は幅の広いズボンのような形状で、脚結という紐を使って膝の下を結んで着るという、現在の袴とは異なる形式の衣装でした。

また、古墳時代の「はかま」は男性のみが着用しており、女性は「裳(も)」というスカートのような衣装を着ていたようです。

時代が下って平安時代になると、男性だけではなく貴族の女性が朝廷での正装として袴を着用するようになりました。

しかし、当時の女性用袴はくるぶしまで包む丈の長いキュロットスカートのような形状で、裾を蹴り上げないと立って歩くこともままならないなど、現在のものとは形が異なります。

なお、平安時代の女性用袴は卒業式用の袴ではなく、神社の「巫女さん」が身につけている緋袴の原型となっており、卒業式の袴と緋袴では仕様が微妙に異なります。

平安時代から江戸時代までの間、女性用の袴は丈や形状を微妙に変化させながら一般女性の間にも広がり、「女性の正装」として存在し続けていました。

しかし、江戸時代に入ると性別や身分によって身なりが厳しく制限されるようになり、女性用の袴は宮廷の女官たちだけが着る事ができる衣装になり、袴=男性の衣装という形式が成立しました。

現在の女性用袴は明治時代から始まった

やがて江戸時代が終わると、それまでに設けられていた服装の制限がなくなり、男性も女性も比較的自由に服を着ることができる明治時代が訪れました。

さらに、「女性に学問は不要」とされていた時代が終わり、華族を中心とした女子向けの「女学校」が開校され、女学校の制服として動きやすい「袴」が採用されるようになりました。

当初の袴は男性が着用していたズボン型の袴でしたが、ズボン型の袴は女性にとって不便なことも多く、あまり実用的ではありませんでした。

しかし、現在の学習院女子部の前身である「華族女学校」の創設者である下田歌子という人によって、現在のスカート型の袴が考案されると、「優美さ」と「機能性」を兼ね備えた袴が学問の場にふさわしい服装ということで、女学校の制服として本格的に導入されるようになりました。

女性が卒業式に袴を着る理由

明治時代から女性が教育を受けられる環境が整ってきたとはいえ、当時の女性にとって高等女学校は「高嶺の花」であり、特権階級の女性だけが進学できるという状況でした。

そのため、女学生の袴姿は「身分の象徴」であり、多くの女性にとっての「あこがれ」の存在だったようです。

現在、大学の卒業式で女性が袴を身につけるのは、明治時代の名残りなのですね。

「行燈袴」と「馬乗袴」

女学校の制服として採用されたスカート型の袴は「行灯袴」と呼ばれ、女性が身につけることから「女袴」とも呼ばれます。

一方、ズボン型の袴は「馬乗袴」と呼ばれ、江戸時代までは男性の正装などに用いられてきました。

しかし、女性が正装として行灯袴を身につけるようになると、男性の正装用の袴として行灯袴が取り入れられるようになり、現在は性別に関係なく行灯袴=正装用の袴、馬乗袴=剣道や弓道などの衣装として定着しているようです。

まとめ

袴は男性の衣装というイメージがありますが、現在のものとは形式は異なるものの、江戸時代までは女性の正装として袴は着用されており、明治時代には「勉学をたしなむ女性の象徴」として親しまれてきました。

歴史的に見ても、女性が卒業式という正式な場で袴を身につけることはおかしなことではありませんので、一生の思い出に袴を着て卒業式を迎えてみてはいかがでしょうか。

一覧に戻る