一覧に戻る

鮮やかな色合いで成人式にオススメ!紅型(びんがた)振袖の特徴とコーディネート方法。

着物というと友禅染や大島紬が有名ですが、近年「紅型」の振袖も人気を集めています。

紅型の振袖にはどのような特徴で、どのようにコーディネートすればよいのでしょうか。

紅型振袖の特徴とコーディネート

「紅型」は沖縄の染め物

紅型は沖縄県で作られる染め物のことで、「琉球紅型」とも呼ばれます。

天然染料を使って染め上げられた紅型の着物は、沖縄の強い日差しに映える鮮やかな黄色や赤、青が使われてカラフルなことが特徴です。

また、柄は中国や日本本土の影響を受けた古典的な柄に加え、沖縄の自然や風物など独自のものも取り入れており、独特な雰囲気を持っています。

多色で染め上げられた紅型は、琉球王朝において身分の高い人しか身にまとうことができなかったといわれており、ポップな雰囲気とは裏腹に格調高いものとなっています。

なお、紅型には「江戸紅型」や「京紅型」もありますが、一般的に「紅型」というときは琉球紅型を指します。

レトロ感のあるアイテムと相性◎

華やかな色合いとくっきりした線が特徴の紅型の振袖は、レトロコーデと相性抜群です。

黄色や赤といった鮮やかな地色に大きめの柄が描かれた紅型の振袖に、レトロ感のある大ぶりな髪飾りや小物を合わせるとレトロでかわいい印象に仕上がります。

また、エンジや黒など鮮やかさを抑えた地色に古典柄の紅型はシックでゴージャスな印象です。

スッキリまとめた髪にレトロな雰囲気がある髪飾りを合わせてクラシカルスタイルやゴージャススタイルに仕上げられます。

帯選びもポイント

華やかで鮮やかな紅型の振袖には色鮮やかな帯がぴったりです。

とくに、レトロポップな印象に仕上げるなら「ちょっと派手かも」と感じるくらい華やかでもよいでしょう。着物が華やかなので、着物に負けない帯を選んでください。

また、古典柄の紅型でゴージャスな印象に仕上げるなら光沢感がある帯を合わせるとよいでしょう。

紅型はとてもカラフルなので色合わせが難しく感じるかもしれませんが、柄と色を合わせると違和感が少なく、きれいにまとまります。

まとめ

紅型の振袖はほかの振袖とは異なる「紅型らしさ」が大きな特徴であり魅力です。

個性的な振袖を着て成人のお祝いをしたい、成人式で他の人と着物が被るのを避けたいという方におすすめです。

また、色鮮やかで柄が大きめなデザインが多いので、背が高い方によく合います。

「背が高い人向けの着物はかわいい着物が少ない」といわれることが多いですが、紅型の着物はかわいい色柄も多く、好みの着物が見つかるかもしれません。

一生に一度の成人式を、紅型の振袖で迎えるのもよいですね。

一覧に戻る