一覧に戻る

振袖にも種類がある?!「大振袖」「中振袖」「小振袖」と着用シーンについて。

「振袖」というと、一般的な着物よりも袖が長い、未婚女性が身につける正装のことを指しますが、実は「大振袖」「中振袖」「小振袖」の3種類が存在します。

どのような違いがあり、どのような場面で着用すればよいのでしょうか。

振袖の種類と着用シーン

もっともフォーマルな大振袖

振袖のなかでも袖の長さが104~120cmと長い大振袖は、振袖のなかでももっとも格が高く、フォーマルな衣装となります。

洋装でいうと夜会できるイブニングドレスのようなもので、花嫁衣裳など特別な場面でしか着ることがない着物でした。

近年は成人式で着用する方も多くなりましたが、袖がくるぶしあたりまであって体を動かしにくいため、移動が多い成人式当日にはあまり向いていないかもしれません。

なお、花嫁衣装として大振袖を着用するときは袖を引きずるように着付けを行います。

そのため、大振袖を「引き振袖」「お引きずり」と呼ぶこともあります。

成人式では中振袖が人気

袖の長さが100cm程度の中振袖は、大振袖に比べると格が少し低くなります。

大振袖はフォーマルな衣装ですが、出席する式典などによっては「着物の格が高すぎる」ということがあり、場合によってはかえって失礼になってしまうこともあります。

例えば、宮廷晩餐会などに参加するときはもっとも格式の高い大振袖が適していますが、友人の結婚式などでは「主賓よりも格が高い衣装を身につけている」「主賓と同格の衣装を身につけている」という事態が起こり得るため、大振袖よりも中振袖を選んだ方がよいといえるでしょう。

大振袖はくるぶしあたりまでの長さがありますが、中振袖はふくらはぎ程度の長さになるため、豪華な見た目でありながら体の動きを制限しすぎません。

成人式の衣装として人気があるのも中振袖です。

小振袖(二尺袖)はややカジュアル 

袖の長さが60~85cm程度で、切ると膝に届く程度の長さになる小振袖(二尺袖)は、袴やブーツと合わせたときのバランスがよく、卒業式の袴スタイルに合わせるのに最適です。

また、小振袖はセミフォーマルという位置づけのため、洋装のワンピースと同じような感覚で「お出かけ着」として着ることができます。

まとめ

結婚式などにゲストとして参加する場合、主賓の衣装とのバランスを考えて大振袖・中振袖・小振袖を選ぶ必要がありますが、成人式は「新成人が主役」ですので、自分が好きな振袖を選んでもよいでしょう。

また、同じ中振袖でも身長によって着たときのバランスが変わりますので、大振袖・中振袖といった種類だけで選ぶのではなく、実際に袖を通してみて長さを確認しておくとよいでしょう。

一覧に戻る