一覧に戻る

成人式だけではない!振袖を着ることができるシーン5つ。

振袖というと成人式のイメージがありますが、振袖の着用シーンは成人式だけではありません。

振袖は晴れの席に着る女性の礼装である振袖は、基本的に「お祝いの席」であれば着ることができます。

なかでも、振袖として一般的な中振袖は小物の使い方を変えるとフォーマルからセミフォーマルまで対応できますので、着用シーンも多くなります。

振袖の着用シーン5つ

結婚式

振袖は元々「未婚女性の第一礼装」ですので、結婚式に出席するときは親族の場合はもちろんゲストで出席するときにも着用することができます。

ただし、結婚式や披露宴はフォーマルな場ですので、半襟は白無地か白地に白または金の刺繍を施したものに限られるなど、細かな取り決めがあるので注意が必要です。

また、振袖は華やかな装いなので、花嫁より目立ってしまわないようヘアメイクはシンプルにしてください。

 卒業式

振袖に袴を組み合わせると定番の卒業式スタイルとなります。

卒業式では中振袖よりも袖が短い小振袖を着用することが多いのですが、中振袖ではいけないという決まりがあるわけではありません。

 お正月

振袖は日本の伝統行事であるお正月にも最適です。新年の挨拶回りや初詣に振袖を着用すると新年の華やかなムードが盛り上がるだけではなく、キリッと帯を締めることで気持ちが引き締まるのではないでしょうか。

ただし、初詣に着ていくときは人混みに注意してください。袖が引っかかって破れてしまったり、人にぶつかって着物が汚れてしまうかもしれません。

祝賀会やパーティ

祝賀会やホテルで開催するパーティなど「晴れの席」にも振袖は活躍します。

ただし、レストランで開催するカジュアルなパーティなどの場合、振袖では格が高すぎてアンバランスになってしまいますので、着用するときはパーティの格を見極める必要があります。

茶華道や日本舞踊、能などの日本文化と関わりが深い祝賀会やパーティであれば和装で参加する方も多いので、「ひとりだけ和装で浮いてしまう」ということも少ないのではないでしょうか。

あらたまった席でのお見合いや結納

ホテルや料亭などで行うきちんとしたお見合いの席で振袖を着るという風習は古くからあり、現在でも振袖姿の写真をお見合い写真として使うことが多いです。

女性らしいしとやかさや優雅さ、華やかさのある振袖でお見合いに挑むと第一印象をよくすることができるのではないでしょうか。

また、結婚の前に行う結納に振袖を着るのもよいでしょう。ただし、結納の席では両家の服装の格をそろえる必要がありますので、振袖を着たいときは事前に打ち合わせを行っておきましょう。

まとめ

振袖は様々な祝いの席に着ることができる未婚女性の礼装です。成人式のために振袖を購入したという方は、成人式だけではなくほかのシーンでも活用してください。

また、振袖は「仕立て直し」を行うことで未婚でも既婚でも着られる「訪問着」に変えることができます。

柄行きによって仕立て直しできないこともありますが、振袖をより活用したいとお考えの方は和装専門店などに相談してみてはいかがでしょうか。

一覧に戻る