一覧に戻る

七五三だけではない?最近広がっている十三参りとは?

子どもの成長を祝う行事といえば七五三というイメージがありますが、近年「十三参り(じゅうさんまいり)」を行う家庭も増えてきました。

七五三と比べると馴染みの少ない行事ですが、十三参りとはどんなものなのでしょうか。

十三参りとは

京都を中心とした関西で行われてきた行事

全国的な知名度の低い十三参りですが、平安時代のはじめ幼くして帝位についた清和天皇が数え年で13歳になったときに法輪寺で勅願法要を催したことがはじまり とされています。

七五三は江戸時代、徳川綱吉の長男の健康を祈って行われたのが始めといわれていますので、平安時代からある十三参りの方が歴史的には古いといえそうですね。

十三参りは法輪寺がある京都を中心とした関西の風習で、寺社のポスターや看板に「十三参り」と書かれていたり、十三参りの時期になると「十三参り」と書かれたのぼりを見かけたりすることもあるなど、比較的ポピュラーな行事です。

しかし、実際に十三参りをしたことがあるという人は意外に少ないようで、「名前や意味は知っているけれど、具体的に何をするのかは知らない」という人もいます。

「成人」と「知恵貰い」の儀式

十三参りの起源となったとされる清和天皇の勅願法要は成人になった証として行われたことでした。

また、法輪寺の本尊である虚空蔵菩薩は知恵と福徳をつかさどる菩薩とされているため、十三参りは「成人になった証に虚空蔵菩薩に参り、知恵と福徳を授かる儀式」とされてきました。

成人の儀式ですので、お参りするときは男の子も女の子も大人と同じ着物を身につけます。サイズが大きいので肩上げなどを行って身につけ、お参りが終わったら肩上げをしていた糸をといて成人の証とするのが正式です。

また、知恵をもらうために写経 や自分が授かりたいものを漢字一文字書いた半紙を奉納し、御守を授かります。

さらに、参拝が終わったあとは寺社の敷地を出るまで(本場である法輪寺では、渡月橋という長い橋を渡り終えるまで)は後ろを振り返ってはいけないとされています。振り返ると授かった福徳や知恵を返さなくてはならないという伝承があるからです。

本来の形式に則ると虚空蔵菩薩をお参りしなくてはなりませんが、近年は近隣にある氏神をお参りするケースもあるようです。

また、肩上げした着物の糸をとく儀式を行うためには着物を新調しなくてはなりませんが、近年は着物を身につける機会自体が少ないため、着物を新調せずにレンタルですませたり、制服などでお参りしたりすることもあります。

参拝の時期と年齢

十三参りは数え年で13歳の年の3月13日~5月13日の間に行います。

数え年とは生まれたときを1歳とし、1月1日になったら誕生日とは関係なく1歳増えるという考え方で、誕生日の前は満年齢+2、誕生日のあとは満年齢+1が数え年になります。

十三参りの記念を写真に残そう

現在の成人は二十歳ですので、十三参りを行う年齢はまだまだ子どもという感覚がありますが、昔の日本では男子は「元服」、女子は「着裳」の儀式を行う成人の年齢でした。

中学校入学などの時期とも重なりますので、成長の記録として写真撮影を行ってはいかがでしょうか。

まとめ

七五三に比べると認知度の低い十三参りですが、少しずつ広がっており、今後は一般的な行事になりそうです。

また、思春期の入口である年齢にお参りや写真撮影などの行事を行うと、お子様はもちろんお父様やお母様も一つの区切りとして認識しやすく、親子の距離や関係性を見直すきっかけになるかもしれません。

親子のコミュニケーションが難しくなるといわれる時期だからこそ、十三参りを行ってみてはいかがでしょうか。

一覧に戻る