一覧に戻る

成人式で着た振袖を訪問着にリメイクして着ることは出来ますか? 

振袖は成人式以外では結婚式に招かれたときや卒業式程度しか着る機会がないという人も多いうえ、振袖は結婚すると着ることができなくなります。

振袖を大切に保管して自分の子どもや孫に継がせるということもできますが、着物をきれいな状態で保管するのはなかなか難しいので、引き継いでもらうのではなく訪問着にリメイクして結婚後も活用できるようにしたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

振袖を訪問着にリメイクすることは可能なのでしょうか。

振袖を訪問着にリメイク

訪問着とは

訪問着とは黒留袖、色留袖に続くフォーマルな着物で、未婚・既婚の区別なく着ることができる着物です。

名前のとおり、「公式な訪問の際に着るための着物」で、友人の結婚式や子どもの入学式といった席で着用されるほか、歌舞伎鑑賞やパーティ出席など「ちょっと特別な外出用」としても身につけられるため、着物のなかでも用途が広いカテゴリーといえるでしょう。

訪問着の特徴は裾の模様が縫い目をまたいでぐるっと一周繋がっていることで、これは留袖や振袖と共通しています。

また、留袖の柄は下半身のみですが、訪問着の柄は上半身にもあるのという違いがあります。

振袖を訪問着にリメイク

現在ではレンタルの振袖で成人式を迎える人が多くなりましたが、振袖を購入するスタイルが主流だったころは訪問着や留袖にリメイクして結婚後も着るというのは広く行われていました。

実は、振袖と訪問着・留袖の違いは袖の長さだけですので、袖を短くすれば訪問着や留袖にリメイクすることができます。

ただし、訪問着は振袖に比べると柄が控えめなため、訪問着の形にリメイクしても派手すぎて訪問着としては着られないことがあります。このような場合は「おしゃれ着」として楽しむとよいでしょう。

また、裾の模様が繋がっていない振袖や無地の振袖は形をリメイクしても訪問着や留袖にはならず、普段着やおしゃれ着になります。

袖を短くできないデザインの場合

振袖のなかには袖を短くするとデザインに違和感が出てしまうものがあります。

このような場合は訪問着や留袖ではく、ワンピースやドレスにリメイクしてもよいでしょう。

まとめ

振袖を訪問着にリメイクすることは可能ですが、柄や雰囲気によっては訪問着ではなく「おしゃれ着」や「色留袖」になることがあります。袖を短くするとデザインに違和感が出てしまうこともあるため、「訪問着にできるかどうかは柄による」といえます。

また、袖を短くすればリメイクできるといっても単純に「切ればよい」というわけではなく、袖を外すなどの仕立て直しが必要なので、リメイクを希望するときは着物専門店に相談するとよいでしょう。

一覧に戻る