一覧に戻る

初めてのお宮参り。初宮参りの準備や作法とは?

初節句やお食い初め、七五三など子どもの誕生や成長に関する行事はたくさんありますが、なかでも初宮参りは子どもの誕生を祝い、健やかな成長を祈る最初の行事です。

後悔のないようきちんと執り行いたいと思っても、神社やお寺の存在が身近だった昔とは異なり、現代の人にとって神社にお参りするというのはあまりなじみがないものです。

まして、初詣のような通常のお参りではなく一生に一度だけの初宮参りとなると緊張と不安が大きいのではないでしょうか。

今回は初宮参りの準備や作法を紹介します。

初宮参りの準備

初宮参りの時期

初宮参りの時期は男の子であれば生後31日目、女の子であれば生後32日目が正式とされていますが、必ずしもこの時期に行わなくてはならないというものではありません。

例えば、お母様の産後の回復が思わしくないとき、体調がすぐれないとき、暑さや寒さが厳しく赤ちゃんを連れて外出するのが難しいときなどは時期を外してお参りをしても問題ありません。

とはいえ、初宮参りはその土地の神様に出産を報告し、成長を見守ってもらえるようお願いするという意味合いがあるので、あまり遅くなるのもよくありません。生後6カ月までにお参りできるとよいでしょう。

お参り前に神社に祈祷の予約をする

初宮参りで神職の祈祷を受ける場合は日時を決めて電話予約をしておきましょう。予約をしなくても祈祷してもらえる神社も多いのですが、七五三の時期などはほかの人の予約が入っていて余裕がないということもあります。七五三の時期以外でも、地鎮祭などのために神職が出かけているということもありますので、飛び込みで行くのではなく予約をしておくようにしましょう。

予約の際は初穂料(祈祷料)についても問い合わせておくと安心です。具体的な金額ではなく「お気持ちで」と答えられた場合は、5千円から1万円程度を包むとよいでしょう。

衣装や初穂料(祈祷料)を用意する

赤ちゃんに着せるベビードレスや産着、お父様やお母様の衣装を前日までに用意しておきましょう。レンタルの場合は衣装が手元に届いた時点で内容を確認してください。

また、一般的に初穂料は白封筒や祝儀袋に入れて納めます。表に赤ちゃんの名前を書いたりする必要があるので、前日までに準備して当日持っていくバッグなどに入れておくと忘れずにすみます。

初宮参りの作法

参拝の仕方

祈祷してもらわない場合は参拝のみですませます。参拝の仕方は通常のお参りと同じです。

まず、神社の入口にある鳥居の前で服装を正し、軽く会釈をしてから鳥居をくぐります。神社は神様の家であると考えると、玄関に入る前に挨拶をするのも不自然には感じませんね。

次に、神社の入口付近にある「手水舎(ちょうずや)」で手と口を清めます。

左手で柄杓を持って右手をすすぎ、右手に持ち替えて左手をすすぎ、もう一度左手に持ち替えて右手に水を取って口をすすいだ後、柄杓の柄に水が流れるよう立てかけて置きます。手水舎に水がない場合は省略してもかまいません。

その後、社殿まで進んでお賽銭を入れて鈴を鳴らし、二礼二拍一礼でお参りをします。神社によっては二礼二拍一礼ではないことがあるので、事前に確認しておくとよいですね。

神社から出るときは鳥居をくぐる前に一度立ち止まり、社殿の方を向いて会釈してから出ましょう。

作法を守ってお参りすれば、ご利益をたくさん得られそうですね。

祈祷をしてもらう場合

祈祷をしてもらう場合は社務所で受付を行い、初穂料を納めてから祈祷を受けます。

神社の方の指示に従っておけば問題ありません。不安に感じることがある場合は祈祷の前に確認しておきましょう。

服装はセミフォーマルで

初宮参りの服装は、赤ちゃんはベビードレスか産着が定番ですが、お父様やお母様はどのような服を着ればよいのでしょうか。

参拝のみの場合は肌を露出しない服装であればとくに問題ありません。

祈祷してもらう場合、男性はスーツ、女性はワンピースなどのセミフォーマルな服装が適しています。

ただし、母乳で育てている場合はワンピースを切ると授乳しにくくなるので、ツーピースやブラウスなどでも構いません。足元が悪いことも多いので、靴はヒールのないものを選ぶとよいでしょう。

まとめ

初宮参りには参拝の仕方などに決まりはあるものの、作法自体はそれほど厳格ではなく、作法を知らないからといって批判されるというものでもないため、それほど不安を感じる必要はありません。

分からないことは神社の人に聞けば丁寧に教えてもらえるので、電話やメールなどで問い合わせておきましょう。

また、初宮参り当日に食事会や写真撮影を行う場合は、移動時間や赤ちゃんのお世話などにかかる時間も考慮して、余裕を持ったスケジュールを組むとよいでしょう。

一覧に戻る