七五三の初穂料(謝礼)の相場と、のし袋の書き方について教えてください。

初穂料とは神社で祈祷を受けた際に謝礼として渡すお金のことで、その昔は祈祷のお礼として稲などの農作物を収めていたことから「初穂料」と呼ばれています。 安産祈願やお宮参りで祈祷を受けたときも神社におさめますが、年に何度もあることでは...続きを読む

振袖で結婚式に出席する際の注意点6つ。

結婚式に出席するときの服装といえばカクテルドレスなどの洋装が人気ですが、振袖の人気も高く「結婚式は振袖を着て参加したい」という方も多いのではないでしょうか。 しかし、新成人が主役で自由な着こなしを楽しむことができる成人式とは違い...続きを読む

振袖の着崩れ防止策は?着ているうちに苦しくなっちゃった!どうする?

着付けをした直後は完璧な振袖姿も、着ているうちに胸元が開いてきたり、前の裾がずれてくるなど「着崩れ」が起きることがあります。晴れの日の気分も台無しですね。 また、成人式のあとに食事をしたときなどは帯が苦しくなってしまうこともある...続きを読む

お宮参りの祝い着はレンタル?それとも買う?レンタルと購入、それぞれのメリットについて。

赤ちゃんの誕生からおよそ1カ月たつと、赤ちゃんの健やかな健康を祈るための「お宮参り」を行うのが一般的です。 近年はベビードレスを着せてお宮参りを行う家庭も増えましたが、昔ながらの「祝い着」も根強い人気を持っています。 祝い着で...続きを読む

成人式だけではない!振袖を着ることができるシーン5つ。

振袖というと成人式のイメージがありますが、振袖の着用シーンは成人式だけではありません。 振袖は晴れの席に着る女性の礼装である振袖は、基本的に「お祝いの席」であれば着ることができます。 なかでも、振袖として一般的な中振袖は小物の...続きを読む

古くてダサいのでは…?ママ振、姉振の脱地味アイデア3つ。

成人式にかかる費用を抑えられる、振袖をとおして家族の絆を感じられるなどの理由から、お母様が着ていた「ママ振」やお姉様が着ていた「姉振」が人気を集めています。 しかし、自宅で試着してみると「古臭い」「ダサい」「地味」という印象にな...続きを読む

ママ必見!何を、いつから、どう進めればいいの?七五三の準備と流れについて。

お子様の健やかな成長を祈願する七五三は3歳、5歳(数え年で行う場合は2歳、4歳)のお子様が主役になるイベントです。 この年代のお子様は体力がなく、ぐずったり機嫌が悪くなったりしやすいため、その日の思い出を「よいもの」として残すに...続きを読む

何を、いつから、どう進めればいいの?成人式の準備と流れについて。

成人式にスーツで参加する場合、特別な用意はほとんど必要ありませんが、振袖で参加する場合は振袖を用意したり、着付けやヘアメイクの準備をしたりする必要があります。 しかし、成人式ギリギリになって準備を始めると、好みの振袖が見つからな...続きを読む

決める前に要チェック!振袖の柄にはどんな種類がありますか?

振袖を始めとした和服には、さまざまな意味が込められた柄が存在しています。 見た目の好みで柄を選ぶのもよいですが、柄に込められた意味に注目して、より「めでたい振袖」を選んでみてはいかがでしょうか。 振袖の柄の種類 祝いの席に最...続きを読む

成人式の振袖を半襟でよりお洒落に。半襟の役割と選び方。

振袖選びは着物と帯を選ぶだけでよいと考える方も多いかもしれませんが、実は着物のおしゃれさを決めるのは「帯揚げ」「半襟」「帯締め」「伊達衿(重ね襟)」といった小物の使い方だといわれています。 なかでも、顔にもっとも近い位置にある半...続きを読む