一覧に戻る

「写真だけの結婚式」。こんな方にオススメ。   

結婚式というと、チャペルなどで挙式を行ったあと、親戚や友人を呼んで披露宴を行うスタイルが一般的ですが、近年写真だけの結婚式を希望する方も増えています。

衣装レンタルとメイク、写真撮影などがセットになったフォトウェディングプランを提供している結婚式場なども増えており、人気が高まりつつあるようです。

こんな方にオススメ

挙式や披露宴をしたくない

歳の差婚や再婚、授かり婚のほか、家庭の事情など様々な理由から挙式や披露宴をしたくないという場合、婚姻届を役所に提出するだけではなんだか物足りないと感じるのではないでしょうか。

結婚を祝って二人だけの時間を過ごして思い出を作るというのも一つの方法ですが、思い出だけではなく形にも残したいというときはフォトウェディングがオススメです。

二人で一緒に一冊のフォトブックを作り上げていくことで、夫婦の絆が深まるのではないでしょうか。

結婚にかかる費用を抑えたい

結婚にかかる費用は招待客の人数や料理内容などによって変わるものの、挙式+披露宴で200~300万円程度かかるといわれています。

20代など若い世代の方にとってはかなり負担が大きく、結婚式にお金をかけすぎて結婚生活が苦しくなる可能性もあります。

一方、フォトウェディングの費用は10~20万が一般的です。挙式と披露宴を行うときに比べると負担がかなり少なく、若い人や貯金が少なくても利用しやすいといえます。

結婚に関する費用はできるだけ抑えて、その後の生活のために蓄えておきたいという堅実派のカップルにもオススメです。

結婚式の準備などをする時間がない

結婚式を行うためには、ドレス選びや料理選び、披露宴での演出や席次決めなど、様々な準備が必要です。

実際に式を執り行うまでに何度も打ち合わせを行わなくてはならず、仕事が忙しい人などにはかなり大きな負担となります。

また、「急に海外赴任が決まった」など、式を行いたくても準備期間を設けることができないといった場合もあるでしょう。

フォトウェディングは何度も打ち合わせを行ったり、長い準備期間をかけたりする必要がないため、仕事が忙しい、時間がないといった方にオススメです。

熟年夫婦

結婚式というと新婚カップルというイメージがありますが、フォトウェディングは若いときに結婚式ができなかった熟年夫婦や、金婚式のお祝いなどにも最適です。

「ウェディングドレスを着たいけれど若くないから恥ずかしい」という方もいらっしゃいますが、フォトウェディングならドレス姿を見せる相手が限定されているのでチャレンジしやすいのではないでしょうか。

成人した娘さんや息子さんがご両親へのプレゼントとしてフォトウェディングプランを用意するということもあるようです。

まとめ

結婚の記念をどのような形で行うかは個人の自由です。

近年は、昔ながらの挙式+披露宴というスタイルだけではなく、家族を呼んで挙式のみや、婚姻届を出すだけで特別なことはしないなど、スタイルも多様化しています。

写真だけの結婚式は、そういったスタイルの多様化から生まれた新しい結婚式の形です。

結婚式をどのようにするか迷った時は、フォトウェディングも検討してみてはいかがでしょうか。

一覧に戻る