一覧に戻る

化粧品、食べ物、裾汚れ…レンタル振袖を汚してしまった場合はどうすればいいですか?

成人式当日や写真を前撮りするためにレンタル振袖を利用していると、ファンデーションが襟についてしまったり、歩いたときに泥水がはねて裾が汚れてしまったりすることがあるかもしれません。

もし、レンタル振袖を汚してしまった場合、どうすればよいのでしょうか。

レンタル振袖を汚してしまった場合

費用負担ははレンタル時に交わした契約内容による

レンタル振袖をうっかり汚してしまった場合、気になるのが「どのくらいの費用負担が必要か」ではないでしょうか。

汚れに対する費用負担については、着物をレンタルするときに交わす、汚れ・破損に関しての契約書に書かれています。

化粧品程度の軽い汚れであれば費用負担なしというレンタル着物店が多いようですが、汚れの範囲が広い、染み抜きが必要などの場合は費用負担が必要です。

金額は一定金額を請求される場合と、実費を請求される場合があり、実費の場合は汚れによって金額が変わります。

汚れがついたときは「触らない」が基本

近年はインターネット上に着物のしみ抜き方法を紹介したページや動画が公開されているため、着物についた汚れを自分で落とそうと考える人もいるでしょう。

しかし、着物の扱いに慣れていない人がしみ抜きをしようとすると、しみが落ちないだけではなく、色落ちや破損の原因になってしまいます。

手などで表面についた汚れを払い落とす程度なら問題ありませんが、自己判断で水拭きや洗濯などを行うのはおやめください。

岐阜創寫舘のレンタル振袖について

岐阜創寫舘のレンタル振袖は、襟についたファンデーションや、裾・袖などについた軽い汚れについては、お客様から費用をただいておりません。

ただし、車のドアに袖を挟んだときに付着した機械油汚れ、成人式のあとに催した食事会でつけてしまった醤油、血液などの汚れはクリーニングが必要になるため、費用を実費でただきます。

費用は汚れの程度によって異なりますが、これまでのケースでは1万円以下であることがほとんどです。

着物安心保険

着物安心保険とは、着物が汚れたときにかかるクリーニング代などを補償してくれる保険です。

保険に加入すると、クリーニングが必要になったときに保障を受けることができるというメリットがありますが、レンタル代金はその分上乗せされてしまうというデメリットがあります。

また、「商品を紛失・破損」「修復困難な汚れ」「香水の匂いやしみ」については保険の適用外ですので、保険が適用できる場面は限られているといるでしょう。

スタジオ内での写真撮影時にレンタルするだけであれば、クリーニングが必要な汚れがつく可能性はほとんどありません。

このような経緯から、岐阜創寫舘は着物安心保険に加入してせず、価格を抑えています。

まとめ

袖が長く動きにくい振袖を着ているとき、普段の洋服を着ているときの感覚で振る舞うと着崩れを起こすだけではなく、着物を破損・汚損する可能性が高くなります。

「普段よりも袖が長い服を着ている」「足さばきがよくない服を着ている」などの意識をもって体を動かすと、着崩れや破損、汚損のリスクを下げることが可能です。

また、着物を着ているということを強く意識し、衣装に合った立ち振る舞いをすることで「優雅さ」「上品さ」「華やかさ」がさらに引き立ちます。

着物を守るだけではなく、美しい振袖姿を維持するためにも、着物を意識した立ち振る舞いを心がけるとよいでしょう。

一覧に戻る