一覧に戻る

背が高く振袖が似合わないと思う人必見!身長が高い人の振袖の選び方3つ。

日本の伝統衣装である着物は、身長が低い昔の日本人に合わせて作られました。

そのため、背が高い人が振袖を着るとなんとなく似合わないと感じることもあるのではないでしょうか。

確かに、着物が昔の日本人の体格に合わせて作られた物であることを考えると、背が低い方が似合うことが多いかもしれまん。

しかし、色や柄の選び方次第で背が高い人でも振袖を素敵に着こなすことができます。

身長が高い人の振袖の選び方

大きな柄や流れるような柄

着物の面積をカンバスに例えると、背が高い人は「広いカンバスを持っている」ようなものです。

広い面積に小さな花柄や、ワンポイント柄のようにぽつぽつと柄を配置すると「寂しい・寒々しい」という印象になりやすいのではないでしょうか。

背が高い人は大きな柄で、隙が少ないデザインがおすすめです。着物の面積を広く見せることができるため、柄が途切れることなくきれいに見せることができますよ。

また、しだれ桜や孔雀などを着物の全面を使って表現したような流れるデザイン、大胆なデザインも背の高い人に最適です。

背が高い人は、クールな印象やゴージャスな印象を意識するときれいにまとまりますよ。

濃いめの色

背が高い人は濃い目の色や、はっきりした色合いの着物が似合います。

背が低い人がエンジ色や群青色などの振袖を着るとコンパクトな印象になってしまいますが、背が高い人は凛とした印象になります。

反対に、全体的に色が薄い着物はボンヤリとした印象になりやすいため、身長が高い人は避けたほうがよいでしょう。

また、地色が薄くても、柄が大きく地色があまり見えないデザインであれば、ぼんやりした印象にはなりにくくなります。

帯と着物は同系色を避ける

帯と着物を同系色でそろえてしまうと、縦のラインがすっきりしすぎて締まりのない印象になってしまいます。

群青色の着物にエンジ色の帯を合わせるというように、系統の違う色を組み合わせるとメリハリが生まれ、キリッとした印象に仕上がります。

また、帯幅が狭いとアンバランスな印象になりますので、帯幅を出して着付けるとよいでしょう。

まとめ

背が高い人の振袖は、クール・ビューティー系を意識すると失敗が少なく、似合う振袖を選ぶことができます。

モダン系やレトロ系の振袖が似合うのも背が高い人ならではです。普段着る洋服とは違うテイストの振袖にチャレンジするのもよいかもしれませんね。

また、背が高いと可愛い系の着物は気合わないという方も多いですが、色柄によっては可愛い印象に仕上げることもできますので、着付け師や美容師などと相談しながら選ぶとよいでしょう。

一覧に戻る