一覧に戻る

七五三の初穂料(謝礼)の相場と、のし袋の書き方について教えてください。

初穂料とは神社で祈祷を受けた際に謝礼として渡すお金のことで、その昔は祈祷のお礼として稲などの農作物を収めていたことから「初穂料」と呼ばれています。

安産祈願やお宮参りで祈祷を受けたときも神社におさめますが、年に何度もあることではないので「のし袋」の書き方を忘れてしまう、いくら包めばよいかわからないということも多いですよね。

七五三の初穂料はどの程度必要で、のし袋はどのようなものを用意すればよいのでしょうか。

初穂料の相場と、のし袋の書き方

初穂料は御守などの授与があるかどうかで変わる

神社のなかには祈祷を希望する人が悩まなくてもよいよう、初穂料を定めているところもあります。特に、参拝者や祈祷希望者が多い大きな神社では定めていることが多いので、ホームページなどを確認したり、祈祷の予約をするときに「初穂料はどの程度お納めすればよいですか?」と聞いたりしてください。

定められている場合は具体的な金額を教えてもらえますが、特に決まりがないときは「お気持ちでお願いします」と言われます。

「お気持ち」といわれた場合、祈祷のみの場合は5,000円、御守やお札などをいただく場合は10,000円程度が相場です。

七五三の場合、千歳飴などの縁起物をいただけることが多いので10,000円用意しておけばよいでしょう。

 使用するのし袋の選び方

お祝いのときにお金を包む封筒状のものを「金封」と呼びますが、金封には大きく分けて「慶事用」「日常用」「弔事用」があります。

七五三はお祝い事なので「慶事用」の金封を使用します。赤白の水引がつき、右上に「熨斗(のし)」がついたものが慶事用の金封で、熨斗がついていることから「のし袋」と呼ばれます。

紅白の水引がついているものでも熨斗がついていないものは「日常用」ですので注意してください。

また、のし袋の水引は「あわじ結び」「結びきり」「蝶結び」がありますが、七五三では蝶結びの水引がかけられたのし袋を使用してください。

のし袋には水引や熨斗が印刷されたものから凝ったデザインのものまでありますが、金額に合わせて袋も豪華にするのが基本です。七五三ののし袋はシンプルなものでよいでしょう。

のし袋の書き方

七五三の初穂料は、のし袋の表側、水引の上に「初穂料」または「御初穂料」と書き、水引の下に七五三の祈祷を受けるお子様の名前をフルネームで書きます。

また、のし袋には中袋がついているものとついているものとついていないものがありますが、中袋がついている場合は中袋の表側に「金〇〇円」と書きます。10,000円なら「金壱萬円」、5,000円なら「金伍仟円」と書くのが一般的ですが、円を「圓」と書くこともあります。裏側は左下に住所と氏名を書きましょう。

また、中袋がないときは裏側左下に金額、住所、氏名を書いてください。

ボールペンではいけないというわけではありませんが、できれば筆ペンや万年筆を使用しましょう。

お金の入れ方

お金を入れるときは肖像画が表向き、上側に来るように入れます。新札である必要はありません。

また、神社の受付で直接手渡すものなので盗難の心配もないことから、糊付けしなくてもよいとされています。ただ、どうしても心配というときは糊付けしたり、のし袋に付属している封シールで止めてもよいでしょう。

まとめ

初穂料はのし袋で納めるのが基本ですが、神社によっては白封筒や封筒などに包まず裸のまま納めてくださいと指定されることもあります。初穂料が定められている神社では「のし袋不要」となっていることが多いようです。

また、地域によって初穂料の相場が異なる場合もあるので、「お金のことを聞くのは失礼ではないか」「世間知らずだと思われるのではないか」などと不安がらず、祈祷の予約をするときに相場やのし袋必要性を確認しておくとよいでしょう。

一覧に戻る