一覧に戻る

知っておきたい、七五三参りのマナー6つ。

七五三は子どもの成長を祝い、今後の健やかな成長を神仏に願う行事です。

しかし、子ども1人につき1回か2回しか行わないため慣れていないうえ、近年は神社や仏閣にお参りする機会が減っているため、参拝のマナーが分からないというお父様やお母様も多いのではないでしょうか。

七五三参りのマナー

その1 ご両親の服装

七五三参りの子どもの服は着物やワンピースドレスなどが七五三用として販売・レンタルされていますが、七五三に付き添う大人の服はほとんど話題になりません。子どもの服は用意したけれど、自分はなにを着ればよいのか分からないというお父様やお母様も多いのではないでしょうか。

七五三はフォーマルなお祝いですので、服装もフォーマルな装いがふさわしいといえます。

男性はダークスーツに華やかな印象のネクタイ、女性はスーツやワンピース、着物の場合は訪問着がよいでしょう。

お祝いの場なのでネクタイやアクセサリーで華やかな印象を出すとよいですが、主役は子どもなので子どもよりも派手にならないよう注意しましょう。

その2 鳥居や門をくぐる前に手を合わせる

神社やお寺は、いうなれば神仏の家ですので、その玄関にあたる鳥居や門をくぐるときはいったん立ち止まり、手を合わせて敬意を示しましょう。

これは、他人の家に入るときに「お邪魔します」と声をかけるのと同じようなものです。

その3 手水舎(ちょうずや)で手を清める

入口から本殿までの間には柄杓が置いてある水場が設けられています。お参り前に手水舎で手を清めましょう。

ただし、近年は手水舎があっても水がないという場合もありますので、このようなときは省略してもかまいません。

お子様の手を清めるときはお父様やお母様が柄杓を使ってお子様の手に水をかけるとよいでしょう。水をかけるときは着物の袖や裾が汚れないよう注意してください。

その4 参道の端を歩く

参道の真ん中は神仏の通り道ですので、参拝者が真ん中を歩くのは神仏への敬意に欠く行為となってしまいます。

お祭りのときは例外的に真ん中を歩いてもよいとされていますが、一般的なお参りでは端を歩くようにしましょう。

その5 賽銭箱の前で一礼してからお参りをする

賽銭箱にたどり着いたら、まずは軽く一礼し、鈴がある場合は鈴を鳴らします。これは、神仏に人が来たことを知らせるためのものですので、しっかりと強く慣らしましょう。

七五三のときはお子様鳴らしてもらうとよいですね。

鈴を鳴らしたら賽銭箱にお賽銭を入れます。賽銭箱が遠い場合は投げなくてはならないかもしれませんが、手が届くときは投げずに置くように入れてください。

お賽銭を入れたらお参りをします。神社は「二礼二拍手一礼」、お寺は拍手などはせず手を合わせます。

参拝方法は神社やお寺によっては違うこともありますので、事前に確認しておくとよいでしょう。

その6 境内を出るときは本殿の方を向いて会釈する

参拝や祈祷を終えたあと、境内を出るときは鳥居や門の前でいったん立ち止まり、本殿の方に向き直って会釈をしてから出ましょう。

まとめ

このうち、2~6は七五三だけではなく日常のお参りでも共通する基本的なマナーとなります。

七五三はお子様の健やかな成長を願う行事ですので、マナーを守って神仏への敬意を払い、たくさんご利益や福徳をもらえるとよいですね。

一覧に戻る