一覧に戻る

夫婦の絆が深まる。素敵なマタニティーフォトを撮るためのオススメポーズを教えてください    

マタニティフォトは妊婦さんとお腹の赤ちゃんが主役で、旦那さんは参加しないものだと考えられることがありますが、近年は旦那さんも一緒に写るマタニティフォトも人気です。

「写真を撮られるのは恥ずかしい」「自分は妊娠していないから」といわず、一緒に写真を撮影すると夫婦の絆が深まり、より幸福感のある写真に仕上がります。

夫婦の絆が深まるオススメポーズ

後ろからお腹を抱きしめるポーズ

旦那さんが妊婦さんの後ろに立ち、お腹を優しく抱きしめるポーズは、夫婦で参加するマタニティーフォトなかでも人気が高いポーズです。

後ろから抱きしめるポーズは向き合って抱きしめるポーズよりも「安心」や「保護」の印象が強くなるため、大きく力強い愛で妻子を守る「父」をイメージさせる写真になります。

正面でも横からでも絵になるポーズです。

お腹にキスしたり耳を当てたりするポーズ

妊婦さんのお腹にキスしたり、耳を当てたりするポーズは「赤ちゃんを愛しく思っている」「赤ちゃんの誕生を心待ちにしている」といったイメージが強く、明るく楽しい雰囲気になります。

また、旦那さんの表情や衣装、小道具などによって「穏やか」「コミカル」など、様々な雰囲気に仕上げることができるのも魅力です。

旦那さんにもたれて座るポーズ

足を投げ出したような形で座った旦那さんに妊婦さんがもたれて座るポーズは、後ろから抱きしめるポーズのような安心感と、適度なリラックス感があるポーズです。

立って後ろから抱きしめるポーズは力強い印象がありますが、座ったポースは優しく余裕のある印象になります。

また、赤ちゃんが生まれたら同じポーズで撮影できるので、夫婦から家族へと進化する、ストーリー性のある写真を残すことができます。

一緒にお腹を出すポーズ

マタニティフォトを撮影するためとはいえ、多くの女性が肌を露出することに恥ずかしさや不安を感じています。

旦那さんが一緒にお腹を出すポーズは一見すると単なるコミカルな写真ですが、「恥ずかしさや不安を感じるような場面にでも一緒についていく」「二人一緒なら恥ずかしさや不安も笑いに変わる」といった、ポジティブなメッセージを表現することができます。

まとめ

このほか、向かい合ってお腹に手を添えるポーズ、二人でお腹の前にハートを作るポーズ、二人でエコー写真やベビーシューズを持つポーズなどもオススメです。

マタニティフォトを撮影できる機会はそう多くありません。

「写真を撮るのは恥ずかしいから…」といわず、結婚、妊娠、出産など、家族の絆と歴史をたくさん写真に残してくださいね。

一覧に戻る